【第16回弘前さんぽ】まわりみち文庫

先日、旦那さん情報で弘前の土手町にあるかくみ小路の辺りに 本屋さんが新しくできたとのことでお邪魔しました。 お店のお名前は『まわりみち文庫』さん。 店内は本棚がずらりと四方を囲んでいて、 真ん中に昔発売されたブルータスが並んでいました。 (私の生まれ年昭和58年版もあってびっくり!) 翌日お伺いした時はすでに購入されていましたが、 なかなかなレア本があって楽しい本屋さんだなぁと思いました。 1つ1つの棚ごとに本がジャンル分けされているようで、 ゆっくりと眺めていると時間を忘れてしまいそうな空間です。 私がお伺いした時は学生さんや社会人の方が3~4人ほど 本を手に取って楽しまれていました。 店主の奈良さんにお話しをお伺いしたところ、 当初はご自分でお持ちの本を売ろうと思っていたそうです。 でも、実際に並べてみたらもっと本が入りそうだったとのことで、 今は新品の本も棚に並べているとのことでした。 また、私がびっくりしたブルータスの古本はお知り合いの方が お店を出す際に譲ってくださったそうです。 内装も素敵だなぁと思ってお伺いしたら、 「古家具ミヤマコ」さんが手掛けてくださったそうです。 ミヤマコさんは土手町で古家具・雑貨のお店を営んでらっしゃるそうで、 販売や家具・什器の製作や修理、内装施工もされているとのことでした。 一つ良いお店を教えていただいたので今度ミヤマコさんのお店も のぞきにいってみたいと思いました(雑貨大好き) 私は色んな本を手に取った中から 粟津潔さんのデザインする言葉という古本を購入してきました。 袋も紙袋にスタンプでいい感じです^^ 粟津さんのデザインされた作品とデザインに関する重要発言がまとめてある書籍で、 お店で色んな本を手に取って眺めていて、この本にある一つの言葉がとても心に染みました。 学ぶということは、本来自己主体的なもので、本人次第の感受の仕方や 在り方であると思う。大いなる質問こそ、大いなる学問であるのだろう。 引用元:粟津潔(2005年)『デザインする言葉』フィルムアート社(14ページ) 私の中で学ぶ事は大切だという気持ちはずっとありましたが、 学ぶことに対しての考え方についてしっくりくる言葉に今まで会えていませんでした。 とても難しい言葉に思うし、わかるようでわからないけどなんだかこの言葉を読んで、 すとんと色んな事がおさまったよう